東京にある通信制高校の特徴

通信制高校は、登校日数が少なく主に通信で教育をおこなっている高等学校

通信制高校は、登校日数が少なく主に通信で教育をおこなっている高等学校都立新宿山吹高校は、1991年に開校した新宿区の山吹町の都立の高等学校北豊島高等学校は、1926年に設立された歴史ある学校です

高等学校というと、平日の朝から夕方ごろまで毎日授業が行われる、全日制の学校を思い浮かべる人も多いですが、実際には定時制の学校や通信制の学校もあります。
定時制は主に夜間に授業が行われる学校として一般にも知られているでしょう。
しかし通信制についてはあまりよく知らないという人もいるのではないでしょうか。
通信制高校は、登校日数が少なく主に通信で教育をおこなっている高等学校です。
登校する日数はほかの2つと違いがありますが、卒業すると、全日制や定時制同様に高校卒業資格が得られます。
そんな通信制の高等学校は全国にあり、東京にも公立や私立の学校がいくつもあります。
東京の通信制高校には、働きながら勉強をして高校の卒業資格を得たいと考えている人や、一度入った高校を中退したため学びなおして卒業資格取得を目指している人、今の学校では卒業することが出来なさそうだという人などが通うことが多いです。
中には不登校のため、あまり登校せずに高校を卒業をしたい人なども利用しています。
東京にある公立の通信制高校には、都立一橋高校や都立新宿山吹高校、それに都立砂川高校があります。
私立の学校よりも授業料が安いのが公立の学校の特徴です。
また、登校日となるスクーリングの授業も私立よりも少ない傾向があります。
そして、東京にある公立の通信制高校には、NHK学園高校や科学技術学園高校、そして北豊島高校、目黒日本大学高校などをはじめとしたいくつもの学校があります。
人口が多いエリアのため、通信制高校もこれだけの数があり、全日制や定時制ほどではありませんが多くの学生が利用しています。
都立一橋高校は、馬喰町駅が最寄りとなる千代田区東神田にある都立の高等学校です。
1950年に開校したという歴史があります。
2005年に単位制の通信制課程が開校されました。