東京にある通信制高校の特徴

都立新宿山吹高校は、1991年に開校した新宿区の山吹町の都立の高等学校

通信制高校は、登校日数が少なく主に通信で教育をおこなっている高等学校都立新宿山吹高校は、1991年に開校した新宿区の山吹町の都立の高等学校北豊島高等学校は、1926年に設立された歴史ある学校です

今では全日制や夜間の定時制はなくなっています。
著名な出身者も多くいる学校です。
都立新宿山吹高校は、1991年に開校した新宿区の山吹町にある都立の高等学校です。
旧赤城台高校跡地に開校されました。
生徒に開放されている自習室があり、通信制の生徒ももちろん利用できます。
スクーリングは、土曜日に行われています。
1979年に開校された都立砂川高校は、立川市にある公立の高等学校です。
多摩地区では唯一の都立の通信制があることで知られています。
最寄り駅は多摩都市モノレールの泉体育館駅前です。
通信制以外にも午前・午後・夜間の定時制課程があります。
東京にある私立の通信制高校として良く知られているのは、NHK学園高校ではないでしょうか。
1962年にNHKの関連団体の学校法人NHK学園が設置した、私立の通信制学校です。
テレビやラジオを使った授業をおこなっているのが特徴です。
1964年に設立された科学技術学園高等学校は、世田谷区の成城にある高等学校で、普通科のほかに通信制過程もあります。
日本科学技術振興財団によって設立された学校です。

SNSの広告収入を増やすため、競合相手のアカウントを消去したとして、東京都文京区の通信制高校3年の男子生徒ら3人を再逮捕。
被害少年は中高生向けの情報発信をしており、年間1000万円の広告収入を得ていたということです。
https://t.co/7zLpp5JPvb

— 毎日新聞 (@mainichi) 2019年9月25日