東京にある通信制高校の特徴

北豊島高等学校は、1926年に設立された歴史ある学校です

通信制高校 東京通信制のNHK学園高等学校

通信制高校は、登校日数が少なく主に通信で教育をおこなっている高等学校都立新宿山吹高校は、1991年に開校した新宿区の山吹町の都立の高等学校北豊島高等学校は、1926年に設立された歴史ある学校です

いくつもの種類の通信制過程があり、独自の教材で学ぶことが出来るようになっています。
北豊島高等学校は、1926年に設立された歴史ある学校です。
中学校と高校があり全日制は女子高ですが、通信制課程は男女共学です。
学習スタイルを選ぶことができるので、生徒はニーズに合った方法で学べます。
1903年に設立された目黒日本大学高等学校は、目黒区目黒にある中高一貫の私立学校です。
全日制課程のほかに2000年度に設置された通信制課程もあり、通信課程は単位制となっています。
以前は日出高校という名称でした。
通信課程には普通クラスのほか、進学クラスや芸能・スポーツプロフェッショナルクラスがあります。
立志舎高等学校は、1999年に設立された墨田区太平にある錦糸町が最寄り駅の私立高校です。
男女共学の単位制で、通信コースは土曜日が登校日です。
さまざまな専門学校を運営している、学校法人立志舎が設立した学校で、自由な校風が特徴です。
大原学園高等学校は、千代田区にある通信制の私立高校です。
専門学校を運営している学校法人大原学園によって2009年に設立されました。
2009年以前には通信のサポート校だった歴史があります。
最寄り駅は水道橋と神保町です。
聖パウロ学園高校は、八王子市の下恩方町にある高等学校です。
もともとは男子校で、男女共学になった2002年から通信制課程も設置されています。
通信制には週3日コースや隔週1日コース、それに放送視聴集中スクーリングコースがあり、学びやすい方法を選ぶことが可能です。
東海大学付属望星高校は渋谷区にある、1959年に開設された通信制高等学校です。
通信制の高等学校の中では、大学進学実績が高いのが特徴です。
このように東京にもいくつもの、私立・公立の通信制高等学校があります。
それぞれに特徴があるので、比較することで自分に合った学校を見つけられるでしょう。